性感染症に作用する医薬品

性感染症はキスやセックスでも感染する全ての病気の事をいいます。

近年では10代から20代の人に多くみられる病気となっており、早期的な治療が必要なものとなります。

万が一放置してしまった場合は命に関わってしまうこともあります。

感染してしまった場合や感染の可能性があるのであれば、すぐさま病院で受診されることをお勧めします。

また感染の可能性があるけど、病院に行く時間がないのであれば検査キットだけでも購入して、時間があるときにでも検査してみるといいでしょう。

性感染症(STD)とは

性感染症(STD)は、「STD(Sexually Transmitted Diseases)」の略です。

性的な接触によって感染する病気で、性交だけでなくオーラルセックスなどでも感染し、適切な治療をを行わなければ最悪の場合、命に関わることもあります。

性感染症は男性だけでなく女性にも当てはまり、男女ともに不妊の原因となってしまう事があります。

性感染症の種類について

性感染症には幾つか種類があり、淋病、クラミジア、梅毒、B型肝炎、軟性下疳(なんせいげかん)、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、カンジダ、AIDS(エイズ)、トリコモナス症等があります。

これら病気には特徴や原因、症状、潜伏期間などがあります。

性感染症といっても幾つもの種類があります。

性病は放置すると最悪の場合、死に至ることもありますので、感染の可能性があるのであれば、病院やクリニックなどで受診されることをお勧めします。

病院やクリニックなどで受診される際に『性病かもしれないので検査してほしい』なんて言うのが恥ずかしいのであれば、通販サイトで検査キットが販売されているので、そちらを試してみてから通販サイトで医薬品を購入するという方法もあります。

検査キットは自宅で簡単に性病の検査を行うことが出来るので、周りの目線を気にしないで済むので、利用しやすいものとなっています。

性感染症に作用する医薬品の効果

性感染症に作用する医薬品は抗生物質になります。

抗生物質の中でも性病に対して効果的とされている薬(病状による)としてジスマロックのジェネリック医薬品の『アジー』や『ダイフルカンジェネリック』などが有名です。

抗生物質を服用することで体内の細菌などの微生物の成長を阻止する物質になります。

性病などの細菌が体内で成長していかないように、病院などでも抗生物質が処方されます。

性感染症の薬の副作用や注意点

性感染症の薬の副作用として胃のむかつき・吐き気・下痢・便秘・腹痛・消化不良・味覚異常・かゆみ・湿疹・蕁麻疹・光線過敏症・だるさ・筋肉痛等があります。

副作用の中でも特に多いのは 胃もたれ、むかつき、吐き気・消化不良などの胃腸障害です。

副作用症状を強く感じすぎる場合は服用を中止し、お近くの病院にて受診されることをお勧めします。

病気を治すのは体の抵抗力となり、医薬品はその病気を治すのをサポートするものとなります。

少しでも早く治すのであれば、体調管理に気を使うことにも意識を向けていきましょう。