医薬品とは?

こんにちは、当サイトの管理人です。

病院やクリニックなどで処方される薬について十分な知識もなく服用することに抵抗があったりしませんか?

また現在処方されている薬がどのようなものであったかを忘れてしまった。

などあると思います。

そんな時の為に様々な医薬品について説明していきます。

また病気の初期症状や治療方法、改善方法、対策などについても紹介していきます。

では、まず初めに医薬品とは何なのかについて説明していきます。

医薬品とは?

医薬品とは医療用の薬で、薬事法によって規定されています。

基本として人間や動物の病気の診断や治療、予防を行うための薬品です。

医薬品には錠剤タイプや粉末タイプのような服用するものや、ジェルタイプやクリームタイプなどを患部に直接塗布するものなどがあります。

また注射による治療や予防など様々です。

医薬品は基本的に病院やクリニックなどで処方される処方箋医薬品と薬局やドラックストアで購入することができる、一般用医薬品があります。

◆医療用医薬品(処方薬)

⇒医師が処方する薬

◆一般医薬品(市販薬)

⇒薬局やドラックストアで販売されている薬

一般医薬品(OTC医薬品)の種類

一般医薬品は主に3種類に分かれており、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品に分類されています。

それぞれ、販売時のルールや情報提供の必要性などが決められています。

※OTC医薬品とは

OTC医薬品はOver The Counter(オーバー・ザ・カウンター)の略で、カウンター越しにお薬を販売することに由来しています。

第一類医薬品

副作用や相互作用などの項目で安全性上、注意が必要になります。

薬剤師による情報提供が義務付けられています。

第二類医薬品

副作用や相互作用などの項目で安全性上、注意が必要になります。

第二類医薬品は風邪薬や解熱剤などの日常生活で利用される薬です。

医師からの情報提供は努力義務となります。

第三類医薬品

第一類医薬品や第二類医薬品に相当するものお以外の一般用医薬品が第三類医薬品になります。

リスクが比較的少なく、購入者からの直接的な希望がない限り、情報の提供には法律的なものでの制限はありません。

処方薬と市販薬の同時服用

処方薬、または市販薬を服用している時に、別の薬を利用されたい場合は、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

個人的な判断で薬を服用してしまった場合、思わぬ副作用を引き起こしてしまう可能性がありますので、注意が必要になります。