不眠症に作用する医薬品

医薬品には不眠症に作用する医薬品があります。

眠れない、眠れたとしてもすぐに起きてしまうなどで、十分な睡眠時間を確保できない方が利用される薬です。

これらの症状の原因はストレスや加齢、生活環境など様々で、不眠症の原因となっているものを解決させることが重要になります。

その原因を除去するまでの間に服用するようなイメージのお薬になります。

不眠症とは

不眠症とは何かしらが原因で眠り続けることが出来なかったり、眠れたとしてもすぐに目が覚めてしまうような状態となります。

このような状態が続いてしまうと、常時眠気や倦怠感を感じ生活に支障をきたしてしまいます。

不眠症には大きく分けて4つのパターンがあります。

それは入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害の4つです。

入眠障害

入眠障害はなかなか寝付けないもので、布団に入ってから寝付くまでに30分~1時間以上かかることがあります。

精神的な問題が原因とされており、不安感や緊張を強く感じることで入眠しにくくなるとされています。

中途覚醒

中途覚醒は睡眠中に何度も目が覚めてしまったり、夜中に目が覚めてから再度寝付くことが出来なくなることがあります。

成人の方で最も多い症状がこの中途覚醒といわれており、中高年の方に多くみられます。

早朝覚醒

早朝覚醒は起床予定の時間よりも早く目が覚めてしまい、その後眠れなくなってします。

この早朝覚醒は高齢者の方に多くみられます。

熟眠障害

睡眠時間をしっかりと確保したのに関わらず、熟眠した感覚を得ることができません。

熟眠障害の場合は他の不眠症も発症していることもあります。

不眠症の要因について

・心理的ストレス

⇒友人や恋人、家族などの人間関係に関する悩み、仕事の責任やプレッシャーによる負担

・精神疾患

⇒うつ病、不安障害など

・加齢

⇒加齢により身体機能の低下や自律神経の乱れにより、睡眠時間が短くなってしまったり、睡眠の質の悪化など

・身体疾患

⇒身体疾患や治療薬によって痒みや痛み、頻尿などが起こり、睡眠の妨げとなり、不眠症の要因となることもあります。

・嗜好品

⇒カフェインを含むコーヒーやエナジードリンク、ビールやチューハイなどのアルコールを含むお酒、ニコチンを含む嗜好品の煙草(タバコ)など

・薬剤

⇒ホルモン剤やステロイド薬など

・生活環境いよる問題

⇒夜更かしや、時差ボケ等による不規則な睡眠時間や眠りにつく際に睡眠の妨げとなる音や光など

不眠症に作用する医薬品の効果

不眠症に対応する薬としては睡眠薬や睡眠導入剤などがあります。

睡眠導入剤の効果は、まず心をリラックスさせること。睡眠導入剤は、感情を安定させ、覚醒中枢の働きを弱めることで、眠りやすい状態を作ります。

また、脳内のGABA受容体に働きかけることで、脳の活動を休ませ、眠りを促進します。

不眠症の薬の副作用や注意点

不眠症の薬には副作用があります。

副作用として『持ち越し効果』、『筋肉の脱力』、『記憶障害』などになります。

注意点としてアルコールとの併用は薬の成分の吸収を高めてしまい、危険になりますので避けるようにしてください。

・持ち越し効果

⇒服用した薬の効果が長く、意識がはっきりとしない状態と眠気が続きます。この場合は薬があっていないことがあるので、医師と相談し、薬の見直しをしてもらいましょう。

・筋肉の脱力

⇒筋肉の緊張をほぐしてリラックスさせる効果により、服用後にトイレに行こうとして転倒する可能性があります。

・記憶障害

⇒服用から就寝までの記憶が一部抜け落ちることがあります。特にアルコールとの併用時は起こりやすくなります。